検索
  • y.genom

15年、悩まされていた咳から解放されました!


 

Genom.D歴1年。

F様 40代女性 主婦。

 

私が夜も眠れないほどの咳に

悩まされるようになったのは15年以上前のことでした。

 





その当時東京におりましたが、

ちょうどスギ花粉の飛散する時期だったように記憶しています。

 





ある日風邪のような症状から始まり

昼夜問わず激しい咳に悩まされるようになってしまいました。

仕事もままならず、

夜もうとうとしたと思ったら

自分の咳で目が覚めてしまう。

そんな、眠れない毎日でした。

 





咳止めを自分で飲んでみましたが、

全く改善せず、

そのまま1週間、2週間と症状が続き、

毎日、昼夜問わず続いていた咳で

背中や肋骨に痛みが走り、

整形や内科を受診したほどです。


幸い骨折はしていませんでしたが、

その時に内科では、

喘息と診断され薬が処方されました。

 



『あぁ、これでやっと楽になる…』

 


処方された薬を早速服用しましたが、

咳は全く改善しません。

それどころか、

動悸が出始め

仕事も早退するようなありさまに。。。


結局、咳は治らぬまま、

1ヶ月が過ぎていき、

落ち着いてはきました。


 


その後、札幌に転居したので、

『もしかしたらスギ花粉のせいで咳が出ていたのでは…』

と淡い期待を抱いていましたが

また”秋に発症、長期間の咳”。

原因がわからないまま、

毎年4月と10月に

長く激しい咳に10年以上悩まされることになります。

 




麻薬に分類される

咳止めの薬で、

なんとか日常生活が送れるような状態。

それはかなりつらいものでした。


ある時「血管運動性鼻炎」と病名が判明します。

自律神経の異常だったのです。

それがわかって間もなく…

また激しい咳に悩まされていた10月でした。




ご縁でGenom.Dに出会い、

半信半疑ながらも藁にもすがる思いで

サロンに1か月に一度セラピーに通うことにしました。





通い始めて最初に迎えた4月。

残念ながら、

また血管運動性鼻炎の症状が出てしまいました。


普通ならこの時点で効き目が無かったと

通院をやめる方がほとんどだと思います。

でも、

私は山田先生と大平先生を信頼していたので、

通院のペースを


1ヶ月に一度だった所を、

”1週間に1度、1回60分のセラピー”に変更しました。

 




それから約1年が経過しましたが、

 


【なんと❗️一度も咳に悩まされていないのです‼️】





 


15年以上続いていたので、

本当に感謝しかありません。

 


『セラピーは適切な間隔で通うことが大切』だと

私は実感しています。


元々辛い症状がなく、

実感として効果を感じられない方もいると思いますが

定期的にセラピーを受けることは

将来的に大変プラスになることだと思います。

 

 



F様、辛い経験をシェアしてくださり

ありがとうございました。

これからも、

F様が健康であり続けるように

全力でサポートさせていただきます。


 


28回の閲覧

Bio Scan Therapy

遺伝子レベルから健康に導く調律クリニック

© 2019 by Genom.D.

logo-1-.png